つむじ 薄い 改善

つむじが薄くなる原因とは

髪の毛の薄さを気にする男性は、つむじの薄さも気になるもの。つむじは男性だけでなく、女性も薄い人がいるぐらい、年齢とともに薄くなりやすい部分です。
つむじが薄くなる原因には以下のような原因が考えられます。

 

・生活習慣の影響

つむじが薄くなる原因には、生活習慣の乱れが考えられています。
生活習慣が乱れ、不摂生を繰り返すとストレスがたまります。ストレスがたまると血液の循環が悪くなり、髪の毛の成長を妨げます。だから、ストレスがたまると薄毛が進行してしまう、と言われているんですね。
不摂生だけでなく、睡眠不足や疲れも同様に血液の循環を非常に悪くします。健康な髪の毛を保つためには、睡眠時間の確保は必須です。

 

・ホルモンの影響

一般的に薄毛は、男性ホルモンが多いと薄毛になる、と言われています。
ホルモンの影響で薄くなるとつむじ周辺の頭髪が特に薄くなります。これは、男性型脱毛症という症状で、最近ではAGAという呼び方もされます。男性の場合はホルモンが頭頂部に出ますが、女性は頭髪が全体的に薄くなっていきます。

 

つむじが薄くなる原因はまだまだ考えられますが、この2つが大きな原因と言っていいでしょう。生活習慣は自分で変えることで薄毛を防ぐことができます。自分の生活習慣を見直し、なるべく薄毛にならない生活を心がけましょう。

髪によい育毛習慣とは

髪の毛はその人の生活習慣によって、健康にも不健康にもなります。不摂生が続くと髪の毛も不健康になり、抜け毛の大きな原因に!髪に良い育毛習慣は髪の毛に良い生活習慣です。
具体的には以下のようなことを気を付けるといいでしょう。

 

・正しい食生活

栄養バランスが乱れていると、髪の毛にも悪影響です。髪の毛はタンパク質やケラチンという栄養素からできていますので、大豆や魚など、良質のたんぱく質を意識して採ることが良い育毛環境を作ります。
また、真夜中に食事をするなど、不規則な食事は避けましょう。体全体に栄養が行きわたらなくなると、髪の毛への栄養が少なくなっていき、育毛にも影響が出ます。食べる時間もしっかりといしきしましょう。

 

・ストレス解消を心がける

薄毛の原因の一つにストレスがある、と言われています。精神的な負担が大きくなると、副腎皮質の機能が亢進し、激しく細胞を老化させ、血行が悪くなり、薄毛の原因となります。ストレスを感じづらいという人もいますが、誰でも体にストレスをためているもの。ストレス解消のために適度な運度や十分な睡眠をとるなど、意識してストレスを排除していきましょう。

 

 

髪の毛に良いことは、体にも良いことがほとんどです。社会人になると食生活も乱れがちですし、ストレスも溜まりがちになります。そのままにしておかないことが大事ですから、普段から意識して良い育毛習慣を身に着けましょう。

スポンサードリンク